自分だけのオリジナル名刺作成!

名刺の管理について

名刺の管理について

自分の名刺も相手の名刺も慎重に管理する事が基本です。
なぜなら、それには多くの個人情報や面談時の大切な用件が書かれているからです。
これを軽い気持ちで取り扱うと後で大きなトラブルに巻き込まれる可能性が高いので注意が必要です。
名刺はたまってくると整理が非常に大変になります。
面倒だからといっていい加減に整理を行うのではなく、相手や自分の個人情報を気にしながら行う方が良いです。
なくなってから補充を行うのではなく、なくなる少し前に補充をしておく事が大切です。
早めに行動する事が出来ればそれがなくて困るという場面に遭遇する可能性は低いです。
常にそれの現状を知っておいた方が良いです。
部署や役職が変更になればそれを新たに作らなければならないです。
そのままにしていると相手から信用や信頼を失う可能性が高いです。
変更があった時も迅速に対応した方が良いです。
名刺は丁寧に管理する事が重要です。
自分の顔、会社の顔になるものだからです。
いい加減に取り扱うのではなく、常にきれいに管理を行った方が良いです。
きれいに管理をしていれば連絡を取りたい時にすぐに見つける事ができ、スムーズにコミュニケーションを取る事が可能になります。

名刺を手書きで作成する是非について

名刺は、ビジネスの色々なシーンで受け渡しをします。
当然その内容も重要であり、情報が多過ぎず文字は大きくて見やすいかなど注意しなければならない点がいくつかあります。
相手に与える印象にも影響しますから、適当に作成するわけにはいきません。
それに沢山の枚数が必要になるため、ほとんどの社会人は印刷機を使って大量に作成していることでしょう。
ではもしも手書きの名刺をビジネスで使用するとしたら、一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
まず重要なのは、渡す相手への心象です。
仮に書かれている文字がキレイで印刷されたものと遜色なかったとしても、手作り感があることに不快感を持つ人もいるでしょう。
手紙などであれば温かみがあると評価されるかもしれませんが、名刺となるとそうはいきません。
気心の知れた相手には構いませんが、目上の人に対して渡す際には特にリスクが大きいと言えます。
それから労力とコストの関係性についても考えなければいけません。
手書きであれば、外部に作成を発注する際や印刷の際に発生する費用を浮かせられます。
そこは評価できますが、必要な枚数手書きするという労力や時間に見合っていなければ意味がありません。
それを考慮すると、あまりおすすめできる作成方法ではないと言えるでしょう。
あくまで本人の自由ではありますが、名刺の作成を手書きで行うことはメリットが少なすぎるのです。

Favorite

吉原 早朝ソープ

手コキ 風俗

2019/2/1 更新