自分だけのオリジナル名刺作成!

オリジナルの名刺を作成するときの工夫

オリジナルの名刺を作成するときの工夫

ビジネスマンが名刺を仕事で生かしたいときには、デザインにこだわるのが理想的です。
オリジナルのデザインで名刺を作成することで、相手に手渡したときに強いインパクトを与えることができます。
そのために名刺を渡すことで顔と名前も覚えてもらえるので、新規受注に結び付けることもできます。
またデザインにこだわりたいときには、オリジナルのプランを用意している印刷業者を利用するのがポイントです。
テンプレート式のデザインが豊富な業者であれば、好みのデザインを選んで短期間で作成することも可能です。
しかしフォントや画像の配置についても相談できる業者であれば、非常に個性的な名刺も作ってもらえます。
その場合には顔写真を入れたりイラストを入れるなど、親しみが持てるデザインを選ぶのが一般的です。
また企業名を入れたり地図などの画像を裏面に入れるなど、スペースを最大限に生かすプランも魅力的です。
また大量に発注することが、1枚当たりの単価を下げるためのテクニックです。

名刺をイラストレーターで作成する

イラストレーターを使った名刺の作り方は、以下のとおりです。
まず、イラストレーターを起動させます。
起動させたら、新規ドキュメントを作ります。
サイズを「幅91mm」「高さ55mm」にすると、一般的な名刺の大きさになります。
両面にデザインしたい場合は、アートボードの数を「2」にしてください。
次に、テキストなどを入力して行きますが、背景を入れたい場合は、先にそちらからやります。
ファイルメニューから「配置」を選んで、背景のファイルを呼び出します。
背景を入れる位置が決まったら、レイヤーをロックしておくと、この後の作業がしやすくなります。
次は、背景の上から氏名や住所などのテキストを入力して行きます。
テキストが多すぎるとゴチャゴチャしてしまうので、必要最低限度にしておきましょう。
すべてのテキストを入力したら、それぞれの位置を決めます。
位置が決まったら、テキストをアウトライン化し、家にプリンターがあればそれを使って印刷しましょう。